B型の基本的姿勢をぐだぐだと解き明かす番組(ぉ


by architekt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

負けず嫌いなB型

先に、昨日のUP式参加者の皆様へ

参加ありがとうございました。なかなか人も集まらずどうしようかと思いましたが

最終的には10人程度集まってくれまして何回も殺されました(´・ω・`)
a0080647_20272448.jpg


次はいよいよ52に向けてがんばって行きたい所存です。

さて、B型は基本的に負けず嫌いな面があります。

どんなにおとなしいB型の人でも例外なく負けず嫌いだと思います。

例をあげて考察していきましょう。



さて、負けず嫌いにもわかりやすい人と分かりにくい人がいます。

わかりやすい人は勝負事(ゲームとかスポーツとか)の時に負けず嫌いを

前面にだす人は、わかりやすいでしょう。

しかし、おとなしい人は分かりにくい面があります。

おとなしい人は自分の好きな事柄にものすごい執着心を持ちます。

自分の友人の場合はゲームにものすごい執念を燃やしていました。

普段は欲も無く、ものすごいおとなしいやつなのですが、

ゲームとかで対戦すると、一つ何かが起こるたびに歓喜の雄叫びをするわけで

負けたとなれば、勝つまでやるという執着ぶりでした。

しかし、一回勝つともう、集中力が持たないようで、一瞬おとなしくなるのですが、

再戦して負け始めると、また雄叫びを発するという、普段の友人からは想像

できないような、表情を見ることが出来ます。

こっちも疲れてきたのでわざと負けようかと思うのですが、基本的に私も負けず嫌いな

性分なので簡単には負けないわけで、最終的にはふざけて負ける、ような形になって

しまい、相手が納得しないで怒られたり、再戦挑まれて余計に長くなって

しまったりしていました。

ここでB型の教訓を一つ



B型は自分の興味を持ったことにしかやる気をださない!





「やりなさい」と言ったところで反抗するのがオチです




B型は興味を持ったことには想像以上の力を発揮するのですが

興味をもてないとまったく何もしないという変人体質なところがあります。


ある意味すごいようで、どうしようもない人種です(´・ω・`)

さて、最後においらの負けず嫌いエピソードを

高校生のとき、45分くらいかけて自転車で高校に通っていたんですが、

行きはまぁ遅刻するとやばいんで急ぎめで自転車をこいで行っていました。

帰りは特に家に帰るだけなので普通にゆっくりこいで帰るのですが、そんな時に負けず嫌い

を発揮するときがあるわけです。

それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自分の前を走っている自転車ry



前方に自転車を見つけると、俺の前を走るんじゃねぇ!

a0080647_1641529.jpg


と言わんばかりに立ちこぎをはじめ猛スピードで前方の自転車を追い越しにかかる

わけで、やっていることは小学生並なわけです(´・ω・`)

そんなことを3年間やって帰りにも自分で人には到底言えない楽しみを発掘しつつ

すごしていたわけです。(最短で何分で帰れるか?とかもすごい頻度でやってました

まさに自分との戦い(違))

こんなB型ですが、趣味とかがあえばとても楽しい時間を過ごせると思います^^

そんなフォローをいれつつ今日はこれでおしまいです。

今日は読み返していません、自分のエピソードが結構はずかしいので(/ω\) ハジカシー

じゃあまた(´艸`)
[PR]
by architekt | 2006-10-09 15:12 | B型考察